東日本大震災 災害派遣応援給水活動の報告

加古川市上下水道局における災害派遣応援給水活動の報告

東日本大震災 災害派遣応援給水活動の報告

平成23年3月11日に発生した、東日本大震災の初期支援活動として、日本水道協会からの応援活動要請を受け、地震発生の5日後に現地へ出発しました。

派遣先は、岩手県で、日本水道協会関西地方支部が現地本部を置く盛岡市を活動拠点として、太平洋沿岸部の大槌町と大船渡市において、応援給水活動に従事しました。


活動期間 平成23年3月16日(水) から 平成23年4月20日(水)
派遣職員 4名:交代制
派遣先

岩手県大槌町〔太平洋沿岸部〕(盛岡市内より約130km)

岩手県大船渡市〔太平洋沿岸部〕(盛岡市内より約120km)

車両等 給水タンク車(加圧式)2トン:1台 支援車(乗用車):1台
活動内容 加古川市上下水道局は主に被災地での応援給水を担当

平成23年3月16日(水)から17日(木)まで

給水タンク車・支援車で加古川市を出発し、北陸道・磐越道・東北道を経由し岩手県盛岡市に到着。(災害派遣応援給水活動の拠点は盛岡市の新庄浄水場であるため)

平成23年3月18日(金)から26日(土)まで

盛岡市の新庄浄水場で給水タンク車に注水し、岩手県大槌町内の避難所や孤立地域等での応援給水活動を実施。

大槌町の被災状況

大槌町の津波による被害範囲は、沿岸部から約2kmから3kmと推測されます。

大槌町の水道事業所の施設(建物)は津波の直接の被害は受けていませんが、町内全域で断水・停電が続い ているため、水道事業所としての機能が停止している状況です。

大槌町の水道事業所でのタンク車への注水が時間を要する為、応援給水活動の拠点である盛岡市の新庄浄水場(大槌町より約130km)で毎朝タンク車への注水を行い、大槌町内で給水活動を実施しています。

平成23年3月27日(日)から31日(木)まで

給水活動地域を岩手県大船渡市に変更し、応援給水活動を実施。

平成23年4月1日(金)から6日(水)まで

給水活動地域を岩手県大槌町に再度変更し、応援給水活動を実施。

平成23年4月7日(木)から19日(水)まで

給水活動地域を岩手県大船渡市に再度変更し、応援給水活動を実施。

平成23年4月20日(水)

給水タンク車・支援車で岩手県を出発し、東北道・磐越道・北陸道を経由して、加古川へ帰還。

応援給水の状況

応援給水の状況

応援給水の状況

大槌町の状況

大槌町の状況

近隣市町村の状況:釜石市

近隣市町村の状況:釜石市

【最終更新日】2013年2月28日(木)00:00

この情報に関するお問い合わせ先

加古川市上下水道局・経営管理課メールでのお問い合わせはコチラ

〒675-8588 加古川市野口町良野398番地の1 水道庁舎4階

【電話番号】079-427-9319 / 【ファックス番号】079-421-5998