水道工事に関すること

水道工事に関すること

水道工事についての問い合わせ先はどこですか?

計画的な工事はもちろん、たとえ緊急の修理工事であっても、工事中は必ず看板を設置し、「水道工事中」と明記し、工事件名・場所(区間)・期間・上下水道局の施行担当部署・施行業者及び連絡先電話番号を表示することになっておりますので、そちらへご連絡ください。

工事が夜間に行われることが多いのは何故ですか?

水道工事の施行に当たっては、近隣の住民の方々や交通渋滞、商店街等への配慮をして出来る限りの調整を行っていますが、国道や県道などは交通量が多いため、ほとんどが夜間工事になります。

また、夜間は、お客さまの水使用が少なくなるため、断水や濁水などの影響も少なくなります。
このため、夜間に行われることが多くなってしまいます。

『水道工事を行います』と連絡があったが、どんな対策をすれば良いですか?

断水を伴う工事の場合、以下のことをお願いします。

  • 断水、濁り水に備えて、水を汲み置きしてください。
  • 給湯器、湯沸し器などは、断水中、減水中には使用しないでください。
  • 受水槽をご使用の場合、流入バルブを閉め、内部に濁り水が入らないようご注意ください。なお、流入バルブを開けるときには、水が濁っていないかを確認して、ゆっくりとバルブを開けてください。
  • 減水してもポンプが停止しない構造の受水槽の場合は、ポンプが損傷します。必ず電源を切ってください。