ご家庭の水道施設(漏水など)に関すること

ご家庭の水道施設(漏水など)に関すること

水の出が悪い・・・。

突然、水の出が悪くなる原因は、漏水や工事の影響、ポンプのトラブルなど様々です。

また、普段から水の出が悪い場合は、給水管の老朽化なども考えられます。

いずれの場合も、水道お客さまセンター 修繕担当までご連絡ください。

配管や蛇口の根元から水が漏れている。とりあえずどうすれば良いか?

水道メーター横にある元栓(止水栓)を時計回りに閉めてください。

トイレなどの特定の蛇口から水漏れしている場合は、壁際(流し台の下)に止水バルブがあれば、そちらを閉めていただくと水は止まります。

後は速やかに、持ち家の場合、水道メーターよりも家屋側で漏水していることが明らかであれば、加古川市指定給水装置工事事業者(市の指定を受けた水道工事店)へ修繕を依頼してください。

借家等の場合、大家もしくは管理会社へ相談をお願いします。

漏水はどのように調べれば良いですか?

お客さまのお宅の水道メーターで簡単に調べることができます。

水道を使用していない状態(ただし、受水槽や貯湯式の湯沸かし器などタンク内の水量が減って自動的に給水する器具を設置されている場合は、そちらの器具が動いていないか併せて確認してください)で、水道メーターのパイロットが回転していれば、水道メーターから蛇口までのどこかで漏水している疑いがあります。

漏水の確認方法ページへ

漏水している場所がわからないのですが、どうすれば良いですか?

持ち家の場合、加古川市指定工事事業者へ調査の依頼をお願いします。費用はお客さま負担となります。

指定工事事業者一覧ページへ

借家等の場合、大家もしくは管理会社へ相談をお願いします。

漏水していると料金にどのくらい影響しますか?

漏水している量によって違います。

漏水は、はじめのうちはわずかでも、日ごとに多くなり料金も高額になります。

また、下水道をご利用の場合は水道の使用量に応じて下水道の使用量も決まるため、下水道使用料も高額になります。

凍結予防の仕方を教えて欲しい・・・。

水道管が壁から露出している場合、毛布や布などを保温材として水道管を包んでください。特に蛇口が破裂しやすいので完全に包んでください。そして保温材がぬれないように、上からビニルなどを巻いてください。ホームセンター等で水道管用の保温材も市販されています。

特に厳しい寒さが予想される夜には、蛇口をわずかに緩め、ぽたぽたと垂れる程度に一晩中水を出しておくと凍結が防げます。

水道管が凍ってしまった・・・。

熱湯を掛けたり、無理に蛇口をひねると破損する可能性があります。ドライヤーやカイロ等でゆっくり温めてください。