中間前金払制度の導入について(平成29年4月1日施行)

中間前金払制度の導入について(平成29年4月1日施行)

  建設業における受注者の資金調達の円滑化を支援するため、平成29年4月1日より中間前金払制度を

   導入します。

  対象となる工事は、以下の全ての要件を満たすことが必要です。

  • 工期が90日以上の工事
  • 既に前払金の支払いを行っている工事
  • 入札公告において、中間前金払の条件が付されている工事

  詳細については、以下の添付ファイルをご覧ください。

       中間前金払制度の導入について

       中間前金払制度の導入に関するQ&A

  様式については、以下のページの「上下水道工事関係提出書類様式一覧表(H29.4改正)」を

   ご覧ください。

       工事関係提出書類について

 

 

【最終更新日】2017年4月1日(土)09:00