水ができるまで

水ができるまで

中西条浄水場は、加古川の大堰から川の水を導き、その水を浄水処理して水道水を作っています。その処理工程を順番にご紹介します。

 

浄水場の仕組み

※画像をクリックすると拡大表示されます。

(1)取水口

水道水は1級河川 加古川の水から作られます。

上下水道局では1日最大4万トンの水利権を得て、平成元年から加古川大堰から取水しています。

加古川大堰は、河口から12kmの地点に治水と利水の目的をもって、平成元年に建設された可動堰で、164万トンの水を貯めることができるものです。

加古川大堰取水口


(2)沈砂池

水の中に混ざっているゴミ等をスクリーンを通して取り除いて沈砂池に導き、流れを緩やかにすることにより砂を沈めます。

沈砂池ゴミを取る金網


(3)次亜注入設備

取水ポンプによって送られてくる川の水(原水)に次亜塩素酸ナトリウム(以後「次亜」という)をごく少量入れて消毒します。

次亜注入設備注入ポンプ


(4)着水井

次亜を入れた水の濁りや汚れを取り除くための凝集剤〔ポリ塩化アルミニウム(以後「パック」という)〕を入れて混ぜ合わせます。

着水井注入ポンプ


(5)フロック形成池

パックを入れた水を急速攪拌した後に、ゆっくりかき混ぜて、白いつぶ状のフロックを形成させて、沈澱し易くします。このフロックができる過程で、水の中の濁り成分がフロックに取り込まれることにより水の中の汚れを取り除きます。

フロック形成池プロペラ状の装置


(6)沈澱池

3~4時間かけてゆっくり流れる間に小さなつぶ状になったフロックを沈めます。この池の水深は約4mです。

沈澱池池の底


(7)ろ過池

砂の層を通すことで、パックでも取り除けなかった目に見えない小さな汚れを取り除きます。砂の層の厚さは約90㎝あり、さらにその下に小石の層が約40㎝ほどあります。この層は使っている内に汚れが溜まってくるので定期的に洗浄して繰り返し使っています。

ろ過池ろ過池の砂


(8)浄水池

最後に次亜を入れてできあがった水道水を貯めておきます。川の水から水道水ができるまで6~8時間かかります。

浄水池

(9)送水ポンプ・配水池

できあがった水道水は、送水ポンプで一度高い所にある配水池へ送られ、そこから高低差を利用して各ご家庭へ送ります。

配水池

送水ポンプ


【最終更新日】2014年4月7日(月)13:30

この情報に関するお問い合わせ先

加古川市上下水道局・施設課 管理係メールでのお問い合わせはコチラ

〒675-1205 加古川市八幡町中西条739番地 中西条浄水場

【電話番号】079-438-1324 / 【ファックス番号】079-438-1359