色変更 標準 黒色 青色 黄色

ここから本文です。

受益者負担金関係

受益者負担金関係

受益者負担金の額は、なぜ土地の面積に応じて計算されるのですか?

下水道施設による受益は、土地の利用価値が増加するということです。現時点での建物の面積や規模、又はお住まいされている方の人数などを基準にした場合は、これらの内容はいつ変化するとも限らず、長期的にみると非常に不安定なものを基準として負担することとなり、かえって不公平な面がでてくるわけです。
したがって、現在の土地利用の状況と関係なく、不変的な土地の面積によることが長期的にみると最も公平な負担方法と考え面積に応じて計算しています。

駐車場や家庭菜園等で、下水道を使用しない場合でも受益者負担金を納めるのですか?

受益者負担金は下水道整備により土地の利用価値が増進されることに着目して賦課されることから、下水道を使用しない場合でも負担していただきます。

すでに浄化槽で水洗化している場合にも払わなければならないのですか?

下水道は、一般に水洗便所だけのものと考えられる方が多いようですが、都市の基盤施設としていろいろな目的を持っています。 特に家庭から排出される汚水も浄化槽からの汚水も合わせて排除して環境衛生を整備することが大きな目的となっていますから、浄化槽があっても下水道施設は必要であり、そのための工事費の一部である負担金はお願いすることになります。なお、下水道法第10条で浄化槽であっても遅滞なく接続する義務があります。

固定資産税、都市計画税などをすでに徴収しているのであるから、負担金と税の二重取りではないですか?

固定資産税も都市計画税も共に資産(土地・家屋等)に対して賦課されますが、固定資産税は広く行政面の財源に充てられ、都市計画税は都市計画事業(道路、公園、下水道等)全般に要する費用の一部に充てられます。これに対して、受益者負担金は、特定の事業(下水道)に要する費用の一部を特定の受益者に対して負担していただくものです。
したがって、賦課の目的、対象、基準等が全く同じであれば、名称の如何を問わず二重取りといえますが、このように両者の性格は異なっておりますから二重取りとはいえません。

土地の所有者が変わった場合、新しい所有者が受益者負担を納めることはできますか?

新しい所有者が納める場合は、「下水道事業受益者変更届出書」に新・旧所有者が署名・押印し、市に提出してください。
提出があった日以降の納期分から、新しい所有者に納めていただきます。

受益者負担金の支払い方法は?

受益者負担金は、その土地に対して一度限り賦課されるものです。初年度の最初の納期に後の納期分(次年度以降の納期分を含む)を合わせて1回で納めていただく方法(一括納付)と、3年に分割し、さらに1年を4期に分けて合計12回で納めていただく方法(分割納付)の2通りがあります。一括納付の場合は、賦課金額から前納報奨金の7%を差し引いて納めていただきます。

この情報に関するお問い合わせ先

加古川市上下水道局・お客さまサービス課(料金係)メールでのお問い合わせはコチラ

〒675-8588 加古川市野口町良野398番地の1(水道庁舎2階)

【電話番号】079-427-9284 / 【ファックス番号】079-421-6025