色変更 標準 黒色 青色 黄色

ここから本文です。

助成金と融資あっせん制度

助成金と融資あっせん制度

水洗化工事をした場合、市の助成はありますか?

水洗化改造工事をされた場合、工事費の一部を助成する助成金制度と金融機関から融資が受けられる融資あっせん制度があります。いずれも、工事を行う前に申請をしていただく必要があります。

これらの制度を利用する場合、申請等の手続きはどうするのですか?

「排水設備計画(変更)確認申請書」と併せて、排水設備工事を施工する指定工事店に依頼してください。なお、融資あっせん制度を利用される場合は、融資の契約などは皆様が直接金融機関に出向いて、手続きしていただくことになります。

助成金制度と融資あっせん制度の両方を利用できますか?

両制度を利用することは可能です。

助成金が出るのは、なぜ供用開始から3年以内なのですか?

下水道法により、くみとり便所は3年以内に水洗便所に改造しなければなりません。また、浄化槽や風呂、台所などの排水(排水設備)は遅滞なく公共下水道に接続しなければならないとされています。助成金制度は、水洗化の普及促進を目的としており、1日も早く公共下水道に接続していただくために期限を設けています。

助成金は、いつ頃市から振込まれますか?

水洗化工事の完了後、市の接続確認検査に合格し、確認検査済書が交付されましたら、助成金の交付手続きを行います。振込みは、確認検査から約1ヶ月後となります。

融資あっせん制度を利用した場合、融資の時期はいつ頃になりますか?

市と金融機関の資格審査に合格し、施工業者から改造工事の着手届がありましたら、融資あっせん決定書を送付します。この決定書を金融機関にお持ちになり、融資契約を行い融資を受けてください。

この情報に関するお問い合わせ先

加古川市上下水道局・お客さまサービス課(料金係)メールでのお問い合わせはコチラ

〒675-8588 加古川市野口町良野398番地の1(水道庁舎2階)

【電話番号】079-427-9284 / 【ファックス番号】079-421-6025